そもそも「お七夜」とは?

お七夜とは、子どもが産まれてから7日目に行うお祝い(内祝い)のことで、それと同時に、子どもの名前を披露する「命名式」が行われます。このお七夜の行事は平安時代から続く伝統的なもので、昔は産まれてからすぐに亡くなる子どもが多かったことから、生後7日目を迎えられたことに感謝しつつ、子どもの健康を願うという意味がこめられています。一般的には、家族や親類などを招き、赤飯や鯛などの祝いの膳を用意して宴席を設けるといったことを行います。

子どもの名前を披露する「命名式」とは?

命名式とは、「命名書」と呼ばれる紙に子どもの名前や生年月日などを記し、それを神棚や床の間に飾るという儀式のことです。命名書の書き方には、奉書紙を使った正式なものや、半紙を使った略式のものがあるほか、地域などによって書き方が異なる場合があります。書き方が分からない場合はご両親や親戚の方などに尋ねてみるのもよいでしょうし、またはインターネットを利用すれば、命名書のテンプレート(雛形)をダウンロードすることも可能です。

一般的な形式にこだわる必要はない?

お七夜に限ったことではありませんが、最近では、個人の事情などに合わせた形でお祝いをするというケースも多いと言われています。また現在は、出産後のママと子どもの退院の時期がちょうど7日目あたりと重なることも多く、さらにママの体調も万全とはいえない状態でもあるため、家族だけでお祝いをする場合もよくあるようです。もし盛大なお祝いをしたいということであれば、後日改めて行うという方法もあるでしょう。なお役所への届出は、出生日を含めて14日以内となっていますので注意しましょう。

名前のない対象に、名前をつける行為を「命名」といいますが、化合物や天体など、いくつかの分野においては名前をつけるさいに規則が存在する場合があります。